前へ
次へ

発汗量の多さを改善できないか鍼灸治療を試す

緊張しているわけでもなく突然に発汗量が増えてしまい、人前で立っているだけで恥ずかしく感じる状態が続いており、この状態を改善するためにクリニックまで足を運びました。発汗量が多いのは自律神経の不調が原因だと分かり、鍼灸治療を繰り返す事で症状が改善できる事もあると聞いたのが、温熱療法を始めたきっかけです。温熱療法で自律神経の状態を安定させる事で、以前と比べると発汗量が大きく減った事も嬉しく思えます。お灸が熱いと感じる事もありましたが、慣れてくると心地良さを感じながら施術を楽しむ事もできて、疲労感を取り除く効果も高いところがおすすめです。汗の量を減らしたい時だけでなく、リラックスしたい時にも鍼灸治療を活用するようになっており、温熱療法を受けていると幸せな時間を過ごせます。自律神経の状態が改善したおかげか、汗をかく量を減らす事もできましたし、リラックス効果を実感できた事で夜中に熟睡できるようになったのも嬉しい点です。

Page Top